ゴルフスクールには通うべき?メリットと特徴をご紹介

入門者から上級者まで学べるゴルフスクール

最近はゴルフスクール事情が変わりつつあります。手軽にレッスンを受けられるスクールが増えているだけでなく、プロによる本格的な指導を受けられるスクールも生まれているのです。ゴルフ場で直にレッスンするには限界があるだけでなく、会費やクラブを運ぶ手間など様々な問題が付きまといます。お金と時間が唸るほどある人ばかりではなく、大抵はどちらかか、あるいは両方が不足しているものです。

また、目指すスコアも人によって違うえ、打ちっぱなしの練習場でやみくもにスイングを繰り返してもおかしな癖がついてスコアが頭打ちになってしまう危険性もあります。冷静に自分を見ながら指導してくれる人の存在は重要で、客観的かつ科学的に考えてくれるかも大切な部分になってきます。コーチを引き受けてくれる人と自分の意志疎通がはっきりできていなければ誤った認識で練習が続かなくなってしまう可能性や、間違った方向に進んでしまう可能性もあります。

自分のことを客観的に観察できるかは重要で、理論だけでなく動画などで確認した方がモチベーションも続くようになるのです。コースに出るのはスイングが完成してからでも遅くは無く、我流でやるよりも却ってよい結果に繋がることもあるのです。

池袋は若者が集まる町ですが、様々な路線の電車が乗り入れる中継駅としての役割も果たしています。交通の便がいい方が通いやすく、人も集めやすいため、屋内型のゴルフスクールも増えているのです。もちろん、それぞれのスクールに特色があり、自分にあったものを選ぶのも重要になってきます。

初心者向けであればプロゴルファーの指導ではなく、通常のインストラクターの指導でも十分なことも多くあります。その分レッスン費が安いことも多く、数をこなした方が上達が早くなります。自前のゴルフクラブなどがなくても手ぶらで来てレッスンが出来るスクールも多く、初心者や女性に人気です。

もっとスコアを伸ばしたい、シビアに技術を追求したいと言う人はプロがいるゴルフスクールがおすすめです。少人数制で指導してくれるところも多く、ビデを撮影を利用したフォームの解析などで科学的な指導を受けることもできます。クラブの長さがあっていない場合も飛距離に影響を与える場合もあるため、道具に関する相談をする方法もあります。

実際に技術が向上したかゴルフ場のコースで試せるコンペを開いている場合も多く、積極的な参加が技術を高めてくれるだけでなく、交友関係を広げるきっかけにもなってくれるのです。

初心者はゴルフスクールに通った方がいいの?

ゴルフを始めたいと思っている方は、独学で練習場などでの打ちっぱなしから始めればいいのか、ゴルフスクールに通った方がいいのかよく悩む方がおられます。

そんな風に迷われている方へのアドバイスとしては、「上達したいのであれば、間違いなくゴルフスクールに通った方がいいです。」ということです。それは、ゴルフは独学でクラブを握ったとしても、誰もがすぐに上手くなるスポーツではないからです。

中には、TV番組やDVDでのゴルフレッスンなどを参考にしながら、独学でレッスンしようとしている人もいるかもしれません。しかし、できるだけ遠くに飛ばそうとして力が入りすぎてしまったり、無理矢理プロゴルファーのフォームを真似ようとしてみたり、自分の思い込みなども先行してしまい、その人自身に合ったフォームを自分で見つけることは難しいからです。

また、人はそれぞれ持って生まれた体格や鍛えた筋力などが違うため、自分で見よう見まねで練習を続けたとしても、自分では気付かないうちに、変なスイングのクセがついてしまったりするものです。それを考えれば、ゴルフを最初に始める時点でゴルフスクールに通えば、その人の体格や筋力に合った最適なフォームを作る事ができます。

スクールでは、グリップの握り方、その人に合ったフォーム、体重移動の仕方、体幹の使い方、正しいスイング方法、クラブの選び方など、基本的なことを一から学ぶことがでるのです。インストラクターがその人に合った最適なフォームとスイングを指導してくれるので、合理的かつ理想的なフォームを見つけることができるのです。

そうすることにより、無駄な力が入らず、自然なフォームでスイングできるようになり、自ずとゴルフも上達していくものなのです。また、ゴルフスクールでは、さまざまなレッスンが用意されているので、自分の目的に合った好きなレッスンを選ことができます。

例えば、取りあえずゴルフを学びたい人の基本的なレッスンやゴフルシュミレーターによる科学的なレッスン、インストラクター付きのゴルフ場でのラウンドレッスンなど様々です。それにいきなり、ゴルフスクールに通うのが不安な方は、無料体験レッスンなどを受講してから、自分に合うスクールを見つけてもいいでしょう。

都心にゴルフスクールなどないと思っている方もいると思いますが、池袋にもあります。池袋であれば、立地がいいので仕事帰りなどにも楽に通うことができますね。

レッスンはある程度継続して受けることは大切ですが、無理して多くの時間や費用を費やすことはなく、基礎を学んでおけば、その後は自分で打ちっぱなしに行ったり、コースを回ったりしながら上達していけばいいのです。

最初にスクールできちんとしたレッスンを受けることにより、正しい知識やマナー、技術などが身に付き、楽しくゴルフをすることがきるようになるのです。

ゴルフレッスンに通うメリットはどこにある?

社会人になると会社の付き合いなどでゴルフをする機会があるかと思います。ほとんどの方は社会人になって初めてゴルフを始める方が多いと思うので、どんな練習をすればいいのか、ゴルフスクールでレッスンを受けた方がいいのかと悩まれる方もいらっしゃると思います。

ゴルフが上手くなるためには正しい打ち方をしっかりと身に付けることが重要となります。

一般的なゴルフクラブの握り方は右利きの方の場合、まず左手でクラブを握り、次に右手の小指が左手に重なるようにして右手で握ります。ボールを打つ姿勢は肩幅くらいに足を開いてお尻を少し出し、背筋は伸ばしたまま前傾姿勢になります。その姿勢で膝を少し曲げ、クラブは体の中心に真っすぐ持ちます。

ボールを打つ時はクラブを振り上げてからボールを降り抜いた後までの一連の動きが重要となります。腕とクラブを同調させ、遠心力を上手くボールに伝えることと、下半身の体重移動を一連の動作の中で上手く組み合わせる必要があります。

またアプローチの場合は足を閉じ、パターの場合は手首がブレないようにクラブを持つなど、打ち方によって構えを変化させる必要があります。

こういった練習は本やビデオ等を使っておこなうこともできますが、正しく身に付けるためにはやはりプロのレッスンを受けることが一番の近道といえます。

最近では都内でもゴルフを学べるゴルフスクールがあり、特に渋谷や六本木、池袋など都心で多く開校されていています。池袋などは駅に近い場所にスクールが多くあるので忙しい方でも会社帰りにレッスンを受けていくということもできます。

レッスンではコーチ資格を持ったプロによって初心者から上級者まで実力に合わせた細かい指導を受けることができます。またビデオカメラを利用したスイング解析機や弾道測定器などを使って科学的に自分の打ち方を分析することができるところもあるので、自分の問題点を簡単に確認することができます。

それから定期的に開催されるコースレッスンではゴルフ場で実際にレッスンを受けることができます。バンカーや林からの脱出や、傾斜地での打ち方などの室内の練習場では感じることのできない屋外ならではの実戦感覚を養うことができます。

ゴルフは性別や年齢を問わずに楽しめるスポーツであり、美しい自然の中でおこなわれるため、ただ運動していい汗をかくだけでなく精神的な面でもリフレッシュすることができます。また色々な人たちと交流できるところも魅力のひとつで、そういった面からゴルフレッスンに通って周りの仲間と一緒に上達していくことはとても魅力的なことだといえます。

もしこれからゴルフを始めようと考えているのであればゴルフレッスンに通ってみてはいかがでしょうか。

東京都心でゴルフレッスン?灯台下暗し!

私は、もともと地方出身者なのですが、現在は東京都に住んでいます。学生時代からの仲の良い友達も多く東京に住んでいて、マンションも割りと近いです。皆もういい歳で、40代です。昔は身体も丈夫な方でしたし、部活は中高とずっと練習の厳しい野球部だったのですが、今では野球をする機会もなく、それどころか運動は全くしていません。

東京で交通機関もびっしりと通っているので、歩く時間も少ないです。東京在住同士の部活のメンバーで小さい同窓会をやっても、なかなか大都会東京では、あまり気軽に野球をやれる土地がなかったりもします。大きめの公園で、キャッチボールをするのが精一杯ですね。そんなこんなで、このままでは身体に悪いと思い、仲間たちでゴルフを始めることにしました。

みんな初心者ばっかりなので、ゴルフの打ちっぱなし場で下手でも恥ずかしくはないのですが、逆に教えてくれる人がいなくて、2ヶ月ほど練習していましたが、なかなか上手くなりません。学生時代の時の熱い気持ちが戻ってきて、会社帰りに練習を毎日したり、本を買い漁ってみたり、ゴルフのDVDまで買ったのですが、あまり効果はなかったです。

ある時、会社の同僚から、池袋にゴルフスクールがあるらしいということを聞きました。池袋のような都心に、ゴルフスクールがあるなんて思いもしなかったので、まさに灯台下暗しでした。

それから直ぐ様調べて、ゴルフスクールを見つけましたが、教えてくれる方には、プロレベルの方も居て、安心して入会することが出来ました。実際、練習場でいくら一人で練習していても分からない私のスイングの欠点を、2,3振りするだけですぐに見ぬいて教えて下さり、さすがプロだなぁと感じました。

同郷の友達も2人入会し、一緒にレッスンを受けています。短期間で自分でも分かるぐらい芯に当たるようになってきました。友達もダフったり空振りするようなレベルではなくなり、いかに安定して打てるかというレベルのレッスンを受けています。ちょうど今、ゴルフ場でコースを回ろうと計画しているところです。

もっと早くに池袋にゴルフスクールがあると分かっていれば、要らぬ苦労をせずに済んだのにと友達とはよく話します。昔の部活をやっていた時の気持ちも思い出したり、単純にスポーツを始めたせいか、会社の後輩や妻にも、最近若くなった等と言われることが増えました。なんとなく、普段の生活も前よりも楽しくなって嬉しいです。

インドア環境でのゴルフレッスンで上達するコツ

より生活に身近な形でゴルフの練習やレッスンに親しむことができる新たな環境として、都市型のインドアゴルフスクールや練習場が人気を集めています。

郊外のゴルフ場やコースを巡る場合と比べると、屋内で楽しむ事ができるのがインドアタイプのゴルフ練習場の一番の特徴ですが、この特徴を上手に活かすことができれば、手軽にゴルフの技術を上達させることができる反面、インドアの良さを正しく理解しておかないと、せっかく利用してもゴルフの技術を高めることができない場合もあるので、まずはインドアコースの良さをしっかりと理解しておくことが大切です。

まず、インドアとアウトドアのコースにおける大きな違いの一つが、風の有無について。当然ですが、外に設置されているアウトドアのゴルフコースであれば、風の向きや強さは常に一定ではありませんし、自然任せの要素です。

反面、インドアタイプのコースでは、あくまでも建物の内部に設置されたコースですから、自然由来の風ではなく、空調を活用した風に限られてしまいます。

ゴルフは風の影響を最も大きく受けるスポーツですから、この風の有無をただしく理解した上で、スイングの練習やパットの加減などをしっかりと見極める事が大切です。

また、都内でも特にゴルフの練習場が多い池袋や新宿、四谷など都心部のゴルフレッスン施設では、上級者だけでなくゴルフに今まで触れた事が無い初心者の利用も合わせて行っている施設が多くなっています。こうした施設では、プロ並の技術を持つ上級者を対象としたシステムや芝の状態をセッティングした環境を、初心者向けの簡単なコースと共に併設している所が多いのですが、レッスンスクールによっては上級者用のスペースを設けていなかったり、ラウンドはできずスイング練習だけに特化した施設もあるので、パットの練習やコースラウンドを目的に利用を検討されている方は、そうした目的で利用できる環境が整っているか、あらかじめ施設に確認した上で利用するようにしましょう。

新宿駅や池袋駅など都心部の駅前からすぐの環境にあるインドアタイプのゴルフレッスン場では、日頃からゴルフに慣れ親しんでいる中級から上級のビジネスマンの利用が多いことをうけ、より本格的なラウンド設備や機材の導入などを行っている所が大半です。その結果、インドアとアウトドアの違いを除けば、それ以外ではほぼアウトドアと遜色ない形でゴルフの練習やラウンドを楽しむ事ができる環境が提案されているのが大きな特徴になっています。

ですから、都内に居ながらにしてより本格的なコースを楽しみたい方や、ゴルフ仲間と一緒に実際にラウンドしているような形でゴルフをしたいという方ほど、駅前近郊にあるインドアゴルフ練習場の利用が特におすすめです。